エッチ情報に出会い探し!ピンク掲示板を活用して素敵な性生活を!

ピンク掲示板とは?

ピンク掲示板というのは、基本的にアダルトな内容を取り扱うネット掲示板のことです。検索していただければわかると思いますが、これに類似する名前の掲示板は数え切れないほどあり、その中でも検索結果の上位に表示されるのは2ちゃんねるの「PINKちゃんねる」です。そのほか、出会いを探せるらしい「ピンクのID交換掲示板」などがヒットします。

ピンク掲示板というそのままの名前で運営されているものは、少なくともグーグル検索の上位には表示されておりません。この記事では、ピンク掲示板を、エッチな話をしたり、あるいは出会いを求めたりする、大人向けのネット掲示板の総称と定義し、話を進めていきたいと思います。

エッチな話を楽しもう!

下の話題というのは、少なくとも同性間であれば、かなり盛り上がるものですよね。このAV女優が良かったとか、このグラビアアイドルの体がエロすぎるとか、そういった話をして盛り上がり、それとともに今夜のオカズ情報を交換することも可能です。ネット掲示板では、それの特性を活かした話し方がなされていると言えます。というのは、たとえば直接に人と話すときに、「このAVが良かった」というのを伝えるとなれば、そのタイトルや内容をできる限り正確に思い出し、かつ口頭で伝えなければなりませんが、ネット掲示板であれば、その動画の視聴ページ及び販売を行うWebサイトのURLを貼り付け、ごくごく簡単に第三者に自分のおすすめする物を紹介することができますよね。その特性を活かして、ネット掲示板では日夜、動画像の紹介や交換、それについての意見交換がなされているのです。

男性にとっても、そして女性にとっても、自分好みのエッチ動画、画像、女優や男優を探す場として、ピンク掲示板は重宝すると言えるでしょう。たとえば私は最近里美ゆりあさんというAV女優について、掲示板にて知ることとなりました。おすすめの女優は、というスレッドにて、痴女系の女優として紹介されていたのです。私の好みにどんぴしゃの方でしたので、すでにDVDを何本か借りて見ています。そういった情報を得られる場所として、ピンク掲示板はとても便利なのです。

出会いも探せる!

また、掲示板もものによっては出会いを探せることもあります。先に紹介した「ピンクのID交換掲示板」、これは出会いを探すのに中々役立ちそうです。なぜなら、この掲示板の機能が、出会い系サイトの掲示板におけるそれと同等のものであり、地域別、性別別に、書き込みをしている人物を検索できるようになっているからですね。ネット掲示板ですから登録不要で、利用も無料ですし、それでいて出会い系サイトを使うときと同じやり方で女性を探すことができるのですから、無料で出会いを探したいと思っている方には非常に便利だと思われます。特に東京などの都心部には書き込みが多く、出会いを探しているらしい女性も散見されますね。

突然ですが、みなさんは「神待ち」という言葉をご存知でしょうか。これは、家出をしている女性らが、金銭的な援助をしてくれる人、家に泊めてくれる人を探している状態を意味しています。ピンクのID交換掲示板には、それら神待ちをしていると思しき書き込みも見られるのです。手っ取り早くセックスがしたいという方にとっても、この掲示板は役立つと思われます。

私が最近見たなかには「屋根のあるところで寝たい」という書き込みがありました。これはおそらく、家出をしていて助けを求めている女性の書いたものでしょう。こういった女性を相手にすると、うまくすればただ「泊めるだけ」でセックスをできることもある、かもしれません。この「ピンクのID交換掲示板」では、書き込みをする人は必ずLINEのIDを掲載しておりますので、すぐに直接連絡を取れるのも良いところですね。面倒な駆け引きをする必要もなく、神待ちをしているらしい女性を見つけたら、直に連絡を入れて、デートの約束を取り付け、会うだけでいいのです。出会い系サイトのように、連絡先を聞きだすタイミングを考えたりとか、プロフィールをよく読んでからメール文を作成するといった面倒な作業をする必要がありませんので、誰でも簡単に出会いを探せると言えましょう。

出会いを探す際の注意点は?

それらのピンク掲示板で出会いを探すときには、いくつか注意しなければならないことがあります。以下にまとめましたので、これを把握したうえで出会いを探していってくださいね。

出会いを探すのに使えるかどうか

ネット掲示板には様々な種類があります。ピンク掲示板と検索したのでも、その内容は多様であり、中には「出会いを探すのに使ってはいけない掲示板」もあります。2ちゃんねるがその代表と言えましょう。そういったところで出会いを探そうものなら、総叩きを食らうでしょうし、出会いを見つけることもほぼ不可能だと思います。ピンクのID交換掲示板のような、出会いを探すのに使える掲示板で、出会いを探すこと。マナーを守ることは、結果出会い探しの効率を上げることにも繋がりますので、この点は注意すべきです。

18歳未満が出入りしている可能性もある

ネット掲示板は登録不要で、年齢認証もありませんから、18歳未満の少女でも出入りできるという特徴があります。それは半ば出会いを探すためにあるような掲示板でも同じことで、知り合ったその女性が中高生くらいの少女であるという危険性もあるのです。もしそれらの年齢の子と関係を持ってしまうと、たとえ18歳未満なのだと知らなかったとしても、逮捕の要件は満たされますので、注意しなくてはいけません。

LINEであれば、18歳未満の少女を検索することはできないので、それで連絡を取り合うようにしているうちはいいですが、たとえばメールアドレスやSkypeのIDを交換する掲示板等で出会いを探した場合、18歳未満の少女と知り合ってしまうこともあるはずです。普通に話している分にはいいですが、エッチな写真や映像を要求したり、会って一晩過ごしたりするだけで犯罪になってしまうので、注意が必要。その子の年齢を確認する、確認できていない状況では不用意なことを言わないように気をつける、これを心がけてください。

実際に会ったときに、18歳以上かどうか判断のつかないルックスであった際は、必ず身分証明書を見せてもらうようにしましょう。少女らは、中高生であることを明かすと、多くの男性が、関係を持つことに尻込みするのを知っています。したがって、18歳以上だと嘘をつくこともありますので、彼女の言うことではなく、正式な書類によって明かされる情報のみを信頼するようにしてください。

業者も多数出入りしている!

また、それらの掲示板で出会いを探すときには、業者にも注意が必要です。業者というのは、たとえばあなたのメールアドレスなどといった連絡先を取得し、これを悪質な出会い系サイトに勝手に登録させたり、ある出会い系サイトに誘導して登録を促したりする連中のことです。

私もこれらの業者には何度も騙されました。そのたびに、メールアドレスの変更を余儀なくされるほど大量の迷惑メールを受け取ったものです。日に100件を超えることもありましたね。また、業者と思しき人物に電話番号を教えてしまい、それが直接の原因かどうかは判然としませんが、その数日後に架空請求の電話がかかってきたこともあります。業者は普通の素人女性として近づいてくるので、すこしでも怪しいと思ったら連絡を断つことが大切です。

特にネット掲示板は、誰でも自由に出入りすることができますから、多数の業者が出入りしていると思われます。出会い系サイトでさえ、それらの業者は多くいるのです。登録不要の掲示板には、出会い系サイト以上に業者が多いと言えるでしょう。

それらの業者の対策は、男性が思わず連絡を入れたくなるような、エッチな書き込みをしている女性には近づかないということです。連中はとにかく多くの男性から連絡先を取得することを仕事としておりますので、男を引っ掛けるような書き込みをするわけですね。たとえば私が最近見たのは「フェラで何回もいかせてあげるのが好き。タダでいいよ」という書き込みです。非常に魅力的な申し出ではありますけれども、このような書き込みをしている女性は高確率で業者です。連絡するだけ無駄ですので、相手にしないようにしてください。

他にも、「エッチな写メあげる」とか「お金あげるからセックスしてほしい」とか、そういった書き込みをしているのはすべて業者か、素人であったとしても悪戯、冷やかしの類である可能性がきわめて高いので、連絡することは避けるようにしてくださいね。

中には風俗業者や援交で生活する人も

そしてそれらの出会いを探すためのピンク掲示板には、風俗業者や、援交で生活をするいわゆる「セミプロ」も多数出入りしていると思われます。風俗業者は、通称「援デリ業者」と呼ばれ、援交という形で客を取る違法風俗組織のことです。組織に属さず、個人的に援交で生活費を稼いでいる女性のことをセミプロというんですね。

これらの女性を相手にすることには、性病のリスクが伴います。ほとんどの場合、これらの女性は性病検査を受けていないからです。最近では通常のデリヘル等でも性病検査を行っていないことは多いと聞きます。これもピンク掲示板で風俗経営者から得た情報ですが、届出をして正式に運営されている風俗店でさえその状況にある中で、違法な風俗組織及びセミプロがきちんと検査をして安全なセックスを提供しているとは思えません。

たとえば、みなさんはワクワクDBというサイトをご存知でしょうか。ワクワクメールという出会い系サイトでは、会員に必ず会員IDというものが付与されるのですが、ワクワクDBではそのIDを入力し検索をかけると、そのIDを持つ人物のクチコミ、情報が得られるんですね。それを見ていると(セミプロや業者として)援交をしていることで有名な女性の情報欄には、性病にかかったという男性の悲痛な叫びが結構書き込まれていたりします。それくらい危険だということです。

できれば、それらプロを相手にするのは避けたほうがよいでしょう。話し始めてすぐに金のことを言ってくるのはほぼ間違いなく業者かセミプロですので、相手にしないことが大切です。

セフレを見つけたい場合は友達から始める!

ピンク掲示板には、神待ちをしていると思しき女性もたくさんいますけれど、できればお金なんて払わずにセックスがしたいというのが、男性の本音ではないかと思います。誰彼構わずセックスをしている女性を相手にすれば、先に述べたように性病感染のリスクも高まりますからね。もしあなたがセフレを見つけたいと思うのなら、それら掲示板を使ってまずは話し相手、友達を探すのがよいでしょう。それらの掲示板は、出会い系として届出をしているわけではありませんので、建前上は「LINE等でお話をする友達を探す場所」として運営されています。そのため、出会いを探しているわけではない、ただ話し相手を求めて利用している女性も多くいるのです。そういった女性に連絡を入れて、まずは仲良くなることを目指す、これがセフレを作るポイントですね。

友達として仲良くなってから、デートに誘い、会う。そうしてデートを盛り上げて、セックスをする。この流れを辿れば、それはお互いに相手のことを気に入ってセックスをしたのであって、金銭授受の発生する理由はありませんし、一度セックスをすることができれば、その後は会うたびに関係する仲となるでしょう。

友達目当ての子とセックスできるのか?

このように言うと、友達目当ての女性と仲良くなっても、セックスすることはできないだろう、と思う男性もいるかもしれません。が、ネットでわざわざ話し相手を探すような女性は、リアルに仲の良い友達のいないことも多く、親密になればその新たな友人、つまりあなたに依存する可能性は高いと言えるので、それを利用すればセックスすることも充分に可能です。ただ相手にとって都合の良い存在、一緒にいて良い気分になれる男を演じていればいいだけなのですから。

そうすれば、他に友達のいない彼女らは、あなたとなるべく多くの時間を過ごしたいと考えるようになるはずです。それは恋愛感情にも通ずるものであり、これを抱いている女性に対し、「お願い」とセックスを求めれば、かなり高い確率で関係することが可能です。

ではどのような態度で彼女に接すればいいのか。それは何も難しいことではありません。彼女を褒めてやり、気遣ってやり、尊敬してやり、つまり自分の好きな人に接するようにしていればいいのです。見た目のことをさらっと褒めるとか、何かに悩んでいるようだったり、不機嫌だったりしたときには「愚痴でもなんでも聞くし、困ってるなら相談してね」と言ってあげるとか、人生のついての考えや恋愛観を聞いたときには「その発想はなかった」「すごいと思う」と尊敬の念を表してやるとか、そういうことですね。

それは嘘でも構わないわけですし、好きという感情がないので気負うこともなく、本気で好きになった相手を口説くよりもずっと簡単な作業です。あとはデートのときに、彼女を楽しませてあげて、「なんか帰りたくないね」と言えばOKです。それに彼女が同意してくれたら、ホテルに連れ込んじゃいましょう。

みなさんも色々な方面で、ピンク掲示板を活用していってくださいね。

公開日:
最終更新日:2016/04/13